日本初のプロンプト売買サイトプロンプトバンク
プロンプトバンクは日本初の良質な「プロンプト」を売買するための市場です

Stable Diffusion、ChatGPT などのとっておきのプロンプトをお持ちの方、ぜひプロンプトバンクに登録をお願い致します

※日本国内で決済機能が実装されたプロンプトの売買を専門としたサービスとして

Gmailの重要なメールをLINEに転送する方法

毎日沢山のセールスメールが来るため重要な通知が埋もれてしまい見逃してしまうことありますよね、メールを手軽にラインに通知する方法です。

1.LINEで連携用のトークンを発行する

https://notify-bot.line.me/ja/

上記にアクセスしてログインを押します

あなたのラインアカウントでログインしてください

ラインの二段階認証が出ますので携帯電話のラインアカウントで認証作業を行います

マイページを押します

トークンを発行するを押します

以下のように設定してください

トークン名を記入してください (通知の際に表示されます)重要なメールをラインに転送(任意)
通知を送信するトークルームを選択してください1:1でLINE Notifyから通知を受け取る

発行するを押します

トークンが発行されますのでトークンをコピーしてメモ帳などに貼り付けて保存してください

(トークンはパスワードと同様に重要なものなので誰かに教えたりしてはいけません)

2.GoogleAppScript(GAS)でメールをラインに転送するソースコードを設定します

https://script.google.com/home

転送したいGmailのアカウントでGASのページにアクセスします

新しいプロジェクトを押します

以下のコードをコピペします

var LINE_NOTIFY_TOKEN = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";
var query = "subject:テスト";
var processedLabelName = "Processed"; // 処理済みメールに付けるラベル名

//メールをチェックし条件に該当するメールをLINEに通知する
function getMail(){
 
  var myThreads = GmailApp.search(query, 0, 10);
  var processedLabel = GmailApp.getUserLabelByName(processedLabelName);
  if (!processedLabel) {
    processedLabel = GmailApp.createLabel(processedLabelName);
  }

  for(var i = 0; i < myThreads.length; i++){

    var threadLabels = myThreads[i].getLabels();
    var isProcessed = threadLabels.some(function(label) {
      return label.getName() === processedLabelName;
    });

    if (!isProcessed) {

      var myMessages = myThreads[i].getMessages();
      for(var j = 0; j < myMessages.length; j++){

        var strDate = myMessages[j].getDate();
        var strmsg = Utilities.formatDate(strDate, 'Asia/Tokyo', 'yyyy-MM-dd HH:mm:ss') + "\n";
        strmsg += myMessages[j].getSubject() + "\n";
        strmsg += myMessages[j].getPlainBody().slice(0,200);

        sendLineMessage(strmsg);
      }

      myThreads[i].addLabel(processedLabel); 
    }
  }
}

// LINEにメッセージを送信する
function sendLineMessage(msg) {
  var response = UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify", {
    "method": "post",
    "headers": {
      "Authorization": "Bearer " + LINE_NOTIFY_TOKEN
    },
    "payload": {
      "message": msg
    }
  });
}

LINE_NOTIFY_TOKENの「XXXX」のところを先ほどのトークンと置換します。

一旦、権限の承認作業をするため、sendLineMessageを選択し「実行」をして承認アラートを出します

承認アラートが出ますので権限を確認

メールを転送するアカウントをクリック

上記が問題がない場合は許可

空のメッセージを送信したためラインのサーバからは以下のエラーが帰ってきますが問題はありません
「Exception: Request failed for https://notify-api.line.me returned code 400. Truncated server response: {“status”:400,”message”:”message: must not be empty”} (use muteHttpExceptions option to examine full response)」

次にこのプログラムを定期実行します

目覚まし時計のマーク、トリガーを追加を押します

以下の通り設定します

実行する関数を選択getMail
イベントのソースを選択時間主導型
時間ベースのトリガーのタイプを選択分ベースのタイマー
時間の間隔を選択(分)1 分おき

3.テストしてみよう

それでは該当のGmailに「テスト」というタイトルのメールを送ってください

設定が正しくされている場合は1分以内にラインが飛んでくるはずです

そして転送済みのラベルが確認できれば完了です!

4.自分なりの転送ルールにしてみよう

旧世代ではここから自分なりの転送ルールに変更したい場合にはGoogleAppScriptについて学んで調整をする必要があり非技術者にはハードルが高かったのではないでしょうか?

ここからがAI時代のやりかたです

プロンプトバンク+ChatGPTを使って自分なりの転送ルールにGASを変えていきましょう

以下のページに遷移します

重要なメールをLINEに転送する
https://promptbank.jp/a/i/260/

「このプロンプトを見る(無料)」を押します

googleアカウントでログインします

転送ルールにあなたが設定したい転送ルールを書いて、コピーするでプロンプトをコピーします

ChatGPTにプロンプトを貼り付ければ期待する結果が返ってきますのでその内容で適宜GoogleAppScriptを調整しましょう

役にたったよという方は以下のツイートをいいね&リツイートしていただけますと嬉しいです

日本初のプロンプト売買サイトプロンプトバンク
プロンプトバンクは日本初の良質な「プロンプト」を売買するための市場です

Stable Diffusion、ChatGPT などのとっておきのプロンプトをお持ちの方、ぜひプロンプトバンクに登録をお願い致します

※日本国内で決済機能が実装されたプロンプトの売買を専門としたサービスとして